三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の難易度と審査を通る3つのポイント

最短即日発行することができる銀行系カードローン三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は銀行が発行しているカードローンです。

 

そのため消費者金融が発行しているカードローンのように総量規制の対象ではありません。
最大で500万円まで融資をしてもらうことができます。ただし最初から500万円の与信枠を貰えるわけではありません。
バンクイックは、おまとめローンにも最適です。

 

消費者金融であれば総量規制が上限となりますので、その限度内であれば比較的簡単に増枠してもらうことも可能です。しかし銀行は各行の判断で枠を決めます。最初の申込は小さい枠にしておいたほうが審査を通る可能性が高くなります。三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行が発行していますが、運営自体はグループの消費者金融が行っています。

 

審査基準も消費者金融のものとあまり変わりがありません。
そのため銀行のカードローンとしては比較的難易度が低い商品です。
即日カードが発行されるあたりも消費者金融の特徴に近いものがあります。
テレビ窓口で契約をすれば40分程度で契約からカード発行を行うことができます。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンと消費者金融の審査基準

 

ほぼ審査から運営までをグループの消費者金融が行っているバンクイックを契約するには、3つのポイントを抑えておくと良いでしょう。

 

1つは現在の借入金をしっかり把握しておくことです。申込をするとき、必ず現在の借入金を書く欄があります。ここに正しい金額を書かないと、申込後に信用情報に照会されたとき、間違いが発覚してしまうためです。大きく違っていた場合は嘘をつく人、もしくは自分の借入金を把握していない人として判断されてしまいます。

 

2つ目は同時に複数の申込をしないことです。これは他のクレジットカードなどでもそうですが、多重申込をすると落ちてしまう原因になります。

 

3つ目は持っているカードで良好な利用実績を作ることです。延滞なく利用していると、信用情報で毎月の利用実績に$マークが並びます。他社で延滞がないかどうかも審査を通る重要な基準となっています。一度信用に傷がついてしまうと回復するのには時間がかかってしまいます。無理な利用はしないようにしましょう。