三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの審査と職業の関係とは?

職業によって借入限度額は変わってきます三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでは、パートやアルバイトでも働いていて安定収入があれば申込みが可能、さらに主婦(主夫)や学生でも申込みが可能です。

 

無収入の主婦や学生でも申込みができるのは、銀行カードローンならではといえます。消費者金融や信販系のカードローンでは、総量規制があるために無収入の人は法律的に借入ができませんが、銀行は銀行法が適用され、総量規制の対象外なので、無収入の主婦や学生でも借入ができるのです。
しかし、学生には学業、主婦には家事や子育てというある意味での仕事がありますが、完全に無職の人では信用がないために借入は難しいでしょう。

 

また、職業によって借入できる限度額が定められており、学生は10万円、主婦(主夫)は30万円が最高限度額となっています。
また、ホームページ上に記載はされていませんが、アルバイトと正社員ではやはり借入できる限度額は変わってきます。詳細な審査基準は公開されていませんが、年収、返済負担率、勤務形態、勤続年数、個人信用情報などを総合的に判断して借入限度額が決まるものと思われます。

 

審査では返済能力以外のことも影響する?

 

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでは、年収などの返済能力以外に、人間的な信用度も重要になります。
人間的な信用度とは、様々なことを指しますが、金融機関の審査では主に個人信用情報のことなどを指します。金融機関の審査では、良好なクレジットヒストリーを築けていることが重要になります。

 

これは、過去のクレジットカードやローンの支払いで延滞をせずにきちんと支払っていた記録のことです。

 

最近では、携帯料金の支払いに携帯本体の分割払いローンが含まれていることも多く、このことに気づかずに携帯料金を延滞して知らないうちに個人信用情報に傷がついているということも増えているので注意が必要です。
さて、三菱東京UFJ銀行カードローンでは、こういった過去の延滞に対しては非常に厳しい対応を見せますので、普段からクレジットカードやローンの支払いで延滞をしないように気をつけていなくてはいけません。